印刷

GREEN BLUE EDUCATION FORUMコンクール

本校の高校2年生探究未来学・起業家育成ゼミの3名(浅尾さん、甲斐さん、後藤さん)が
GREEN BLUE EDUCATION FORUMコンクールに出場し、B部門において、
ファイナリストに選ばれ、11/30(土)に日本経団連会館で開催された「Green Blue Education Forum」の決勝に出場しました。
3名はファイナリストとして登壇し、全国から集まった
100校弱のチームの内、見事に3位を獲得しました。

 

 

彼女らのチームの事業案は「タピる2.0」。

 

空前のタピオカブームの一方、マナーの悪い客によるプラゴミや飲み残しが街に溢れているという影の部分を課題として、それを独自のアイディア(タピトラッシュ)で解決しようというもの。タピトラッシュとは彼女らが考案したゴミ箱で、QRコードによる開閉や、捨てることによるポイント付与、さらには飲み残しをバイオ肥料として再生する夢のようなゴミ箱ですね。

 

「タピる2.0」には、現在の“タピる”=タピオカドリンクを飲むことから一歩発展させ、タピオカドリンクを飲んだ後はタピトラッシュに捨てることで、地球に優しく持続再生可能な資源にすることが「タピる」と呼ばれるようにしたいという願いが込められています。

 

社会実装にはまだまだ時間がかかりそうですが、こうした経験こそがこれからを担う若い世代の地球課題への解決の第一歩になったことは間違い無いです。

 

養老孟司さんやCWニコルさん、冨永愛さんといったそうそうたる審査員の前で堂々とプレゼンしたことは本当に立派です。

 

〒164-0013 東京都中野区弥生町5-21-1
電話 : 03-3382-0601 ファクシミリ : 03-3382-8224
E-mail : S1000047@section.metro.tokyo.jp
アクセス