印刷

11月17日(土)~☆★土曜講座「Let’s try! “Parliamentary Debate”『即興型英語ディベート』に挑戦!」が行われました!

11月17日(土)13:30-16:00、一般社団法人パーラメンタリーディベート人財育成協会(PDA)の方をお招きして、「即興型ディベート」の体験を行いました。PDAスタッフの方と、大学生2名の計5名をお招きし、理数アカデミー運営委員の先生や、他校からの見学者も多数来校されました。参加生徒は40名(定員)でしたが、見学者も30名近くいらっしゃいました。

最初にPDAのスタッフより、ルール説明、POI(Point of Information: ディベート中の質疑応答)の練習を行った後、スタッフによるモデルディベートを見せていただきました!



第1ラウンドの論題は、
”It is better to have lunch than making students bring their own lunch box to school(学校給食があったほうが生徒に弁当を持って来させるよりもよい).”
第2ラウンドの論題は、
”Communication between teachers and students on SNS should be banned(先生と生徒がSNSでつながることを禁止すべきだ).”
でした。どちらも難しい問で、苦労しながらも、準備時間が始まると、即座にブレストシート(準備時間に用いるアイデア出しシート)にアイデアを書き出し、意見をグループ内で共有しました。1回目よりも2回目の方が格段に上手になっており、生徒の成長を目の当たりにしました。



最後に、ベストディベーターが選出され、感想を述べました。JETの先生方より講評をいただき、大変ながらもあっという間の楽しい時間が終了しました。次は、中高一貫交流大会に参加します。
 
【生徒の声(アンケートより)】
・難しかったが、楽しかった。(中3)
・いつも関わらない人と関われた。意見を聞くのがおもしろかった。(中3)
・即興型でしかも英語って難しい。もっともっと特訓したいと思った。話してみたら意外と楽しかった。(中3)
・1回目よりも2回目の方がうまくいって、成長できた気がした。続けていけば、力がつく気がした。もっとディベートをやりたいなと思った。(中3)
・実践型の英語をたくさん使えてとても良かったです。(高1)
・1回目よりも少し慣れ、2回目で少しは改善できたことで楽しいと感じた。(高1)
・初めてこのような形式のディベートをやってみましたが、常に緊張があり、また頭を使いっぱなしで難しくとてもおもしろかったです。(高1)
・楽しかったけど難しい。もっと上手くなりたいと思った。(高1)
・1回目のディベートは、まったく思うように話せなく大変だったが、2回目は自分の言いたいことを少しは話せたかなと感じ成長を感じられた。(高1)
・負けるとくやしいから、ちゃんと反論できるとうれしい。何度もやりたくなる。(高2)
・準備型とは違うディベートの型で楽しかった。また機会があったら参加したい。(高2)
〒164-0013 東京都中野区弥生町5-21-1
電話 : 03-3382-0601 ファクシミリ : 03-3382-8224
E-mail : S1000047@section.metro.tokyo.jp
アクセス