サイトマップ

印刷

平成28年度東京都高校生書評合戦(予選)と都立高校生弁論大会(予選)の結果について

◆言語能力向上に関わる事業の報告
 東京都教育委員会の開催の「高校生言葉の祭典」に関して、弁論大会と書評合戦に本校生徒が参加しました。それぞれ概略と結果は以下の通りです。

1.都立高校生弁論大会(予選)
 9/4(日)行われた都立高校生弁論大会(予選)に本校高校1年生の男女1名ずつが参加し、予選を勝ち抜きました。
 この大会は、与えられたキーワードから各自がテーマを設定し、自分の考える課題意識に基づき弁論を行うというものです。
 本校では高校1年生の国語総合(現代文)の授業の一環として校内予選を行い、その予選を勝ち抜いた2名が本大会へ出場しました。
 参加した2人とも論理力と巧みな語彙を駆使し、堂々たる主張を行っていました。

 この予選を勝ち抜いた結果、この2名は10/30(日)に行われる「高校生言葉の祭典」に出場する権利を得ました。

<弁論大会(予選)>
高校1年  石田風太   「人から必要とされるために」
高校1年  蝦名すず夏  「何が『ヤバい』の?」

   

 
弁論大会(予選)の様子


2.高校生書評合戦東京都大会(予選)
 9/25(日)に行われた高校生書評合戦東京都大会(予選)、いわゆるビブリオバトルに本校高校2年生男子2名が参加し、1名の紹介本は惜敗したものの1名の紹介本は見事予選を勝ち抜きました。
 ビブリオバトルとは、各自が本を持ち寄り、5分間でその本に関するスピーチを行い、2分間の質疑応答の後、『どの本が一番読みたくなったか』という視点のもと投票を行い、チャンプ本を決めるというものです。
 平成24年度から始まったこの大会は年々活気を増し、今年は私立学校を含めた200余名の参加が見られました。
 本校では7月に図書委員会主催のもと、高校1、2年の各クラス1名ずつの代表者による予選大会が行われ、その予選を勝ち抜いた2名が本大会に出場しました。
 参加した生徒は、それぞれの個性を活かして本の紹介を行い、会場内からたくさんの支持を受けていました。バトル後は、参加した生徒同士の交流なども見られ、本を通じた友情が育まれていたようでした。

 この予選を勝ち抜いた1名は10/30(日)に行われる「高校生言葉の祭典」に出場する予定です。



<書評合戦東京都大会(予選)>
高校2年  早坂深雪   「同期」 今野敏著
高校2年  大野祐介   「12歳から大人まで政治の基礎の基礎がよくわかる本」 瀧澤中著


書評合戦(予選)の様子

 
〒164-0013 東京都中野区弥生町5-21-1
電話 : 03-3382-0601 ファクシミリ : 03-3382-8224
E-mail : S1000047@section.metro.tokyo.jp
アクセス